★ Washington D.C. Travel Report ★

12月28日(月) 曇りワシントン D.C. <Part6>

◆このページをとばすときは
ここをクリック◆◆◆

首都ならではの合衆国の各施設をツアーで見学する今日は、まず昨日外だけ見たCapitol(議事堂)から始めました。アメリカのというか今や世界の政治の中心とも言えるこの議事堂のまわりは小高い丘のようになっていて、ここをCapitol Hillと言います。ニュースでレポーターが立って議会の決定を伝えたり、政治ニュースの時の背景で使われるのがこの辺です。ある意味ではWashington D.C.を象徴する建物と言ってもいいかもしれません。ちょっとわかりにくいのですが、ドームの頂上のところに立っているのは自由の女神像です。
それを観光客が見逃すはずがなく、そんなに出遅れてもいないのに、入口から建物と同じく白い石作りの立派な階段を下って前の広場までずらーっと長い列ができていました。多少並ぶだろうとは予想していましたが、まさかここまですごいとは思わず、ちょっとひるんでしまいましたが、ここまで来てやめるのもなんだか悔しいので、寒空の中、列に加わりました。家族連れが多かったのですが、さすがに子供たちはじっとしているのがつらいらしく、階段で遊んだり、兄弟同士でけんかして両親に怒られたりと、なかなかにぎやかな行列でした。とはいっても、かなり寒かったので、足元から徐々に冷えてきて、自然に足踏みをしながら30分以上待ってようやく中に入ることができました。夏にここで射撃事件が起こって、観光客が巻き込まれて被害にあったのは記憶に新しいところですが、そのあおりで警備が厳しくなり、入場制限があったり、持ち物検査を厳重にしたりしているので長い列ができてしまったようです。
入ってすぐの広場は、ここWashington D.C.でおなじみになったRotundaという円形広場で、そこからすぐ見学ツアーが始まりました。
このRotundaは高さが約60mあり、天井には「Apotheosis of George Washington(ワシントン賛歌)」という題名のフレスコ画が描かれていました。また、周囲の壁には巨大な絵画が掲げてあり、これらはコロンブスの大陸発見、独立宣言の調印式などいくつかのアメリカの建国にあたっての重要な出来事を描いたものでした。ただの玄関ホールにしてはずいぶん飾り立てている気がしましたが、それもそのはず、ここは様々な儀式に使う場所だそうで、最近では南アフリカのマンデラ大統領へのメダル授与式を行ったそうです。
ここで、アメリカの国会議員についての説明がありました。簡単にまとめると、以下の通りです。
上院議員(Senetor) 下院議員(Congressman)
定 数 100名(各州2名ずつ) 435名(有権者数に応じて決定)
任 期 6年 2年
改 選 2年毎、3分の1ずつ 2年毎、全議席
ちなみに、議員になれるのは30歳以上(これはクリア)で、9年以上アメリカ国民であること(全くダメ)が条件だそうです。ちょうど11月に選挙があったばかりですが、そのときにNew Yorkでは改選の上院1議席をめぐって激しい選挙戦が繰り広げられました。対して下院は人数が多いからか、あまり話題にならなかったのですが、有権者数で人数を決定するといちばん多いCalifornia州でなんと52人もいるそうです!いちばん少ない州は当然ひとりで、Delaware、Alaska、Montanaなどいくつかの州がそうです。
次にRotundaのすぐ隣のNational Statuary Hallに移動しました。ここは、1800年代に下院議会が開かれていたところで、今は各州からの多くの立像が置かれたホールになっています。国が各州に対して、各々2体の立像を議事堂に置くために寄贈するように、というお達しを1933年に出したのですが、まだ全部は集まっておらず、今は96体がこのホールを始め議事堂内に置いてあります。その州を代表するような人物なら誰のものでもよいそうなので、Hawaiiはカメハメハ大王の像を寄贈していました。これなら誰でも知っていてわかりやすくてよいのですが、州によっては当時は有名人だったらしいのですが、後から何をした人なのかわからなくなってしまったような人の像を寄贈してしまったところもあるようです。
この後、階段を降りてCryptに行きましたが、この納骨用の地下室を意味する名前で呼ばれている場所には、実際には誰も埋葬されておらず、議事堂の歴史に関連する資料を展示する部屋として使われていました。そもそもワシントン大統領夫妻を埋葬しようと予定していたのですが、彼らは余生を過ごしたMount Vernonの自分たちの墓地に眠っているそうです。
ツアーはここまでで、肝心の上院、下院の会議場はエレベーターで上がり、それぞれで見学せよとのことでした。
本会議場の前に、やはり1800年代に使っていた最高裁判所として使っていた部屋、Old Supreme Court Chamberを見ました。ここは写真がOKだったので、皆フラッシュをたいて撮っていました。というのは、今使っている会議場はなぜかすべて全く撮影禁止で、それらしいところはここくらいしか写真に撮れなかったのです。
そして、テレビでもたまに見る本会議場へとエレベーターで向かいました。まずは、下院の会議場であるHouse Chamberから。下院は英語でHouse of Representativeと言いますが、長いので略してHouseと言うことが多いようです。さすがに警備も厳重で、ここにもまた金属探知のゲートがありました。そして、会議場の2階の傍聴席のようなところから見るのですが、入口には警官が何人も立っていて、中に入ったら椅子に座って見るようにとのことでした。子供が興奮して立ちあがると「そこ、座って!」とすかさず怒られていました。
やはり人数が多いので、椅子は肘掛付きでしきられてはいますが、ベンチのようにつながったものでした。座席の場所は決まっていないので、早い者勝ち(?)なんだそうです。小学生の時に社会科見学で見た国会議事堂もこんな感じだったかなーと思いながら、階段を降り、Rotundaをはさんで逆側にある上院に向かいました。
上院の会議場は、そのままSenate Chamberといいますが、こちらは人数が100人と少ないながらも、スペースはそう変わらないので、机の付いたひとりひとりの座席になっていました。しかも席は決まっているそうです。ちょうどクリントン大統領の弾劾審議が始まる前だったので、中継用のテレビカメラが何台かセットしてありました。下院と同じように、2階席に座って見ていたのですが、たまに会議場に直接出入りしている、どう見ても観光としか思えないような人たちがいましたが、どうやら議員のコネがあればそれができたみたいでした。選挙権のない私たちにはちょっとムリでしたけれど。
その他、あちこち立ち入り禁止になっていたり、狭い廊下と階段がたくさんあったりして、観光客にとっては、なんだか迷路のようにわかりにくいところでした。途中でお腹がすいたので、警備の人に聞いて地下のファーストフードのような食堂に行ったのですが、どこから戻るかわからなくなってしまい、同じような観光客に付いて行ったら駐車場で逆戻りしたりとか。開けてはいけないドアもたくさんあって、ちょっとのぞいてみたら、かなり立派な議員専用の個室の食堂でした。建物自体は古くて立派ですが、廊下の壁には妙に明るい色彩でロココ調の絵が描いてあるちょっとディズニーランドのお城みたいな安っぽい感じのところもありました。

「行政」のあとは、「司法」の場所を見に行こうと、すぐそばにあるSupreme Court(最高裁判所)に行ってみました。ここも白亜の大きな建物でさすが首都という風格がありました。確か見学ツアーがあるはずと思って入口で聞いてみたら、次のツアーは議員の手紙持参の人たちの特別見学者のツアーなので、一般は1時間以上後にしかないとのことでした。当然議員の手紙を持っていなかった私たちは、見学をあきらめ、中をチラッとのぞいてここを後にしました。やはり、首都では議員の後ろ盾が大変威力を発揮するのだということが、今回よくわかりました。

続いて私たちは、ホワイトハウスの東側、Federal Triangleという連邦政府機関の建物が集まった官庁街にあるFederal Bureau of InvestigationことFBIに向かいました。前からアメリカのミステリー小説好きの私は、なかなか迫力ある展示を見せてくれるというFBIの見学を楽しみにしていました。映画化されたThomas Harrisの「羊たちの沈黙」はもちろん、Patricia D.Cornwellの「検屍官」シリーズ、Jeffrey Archerの「大統領に知らせますか?」(この小説の内容は「ちぃたろうの部屋」の中のジェフリー・アーチャーのページでご覧下さい。)など、FBI捜査官が活躍する小説をよく読んでいたので、ぜひ実際に見てみたいと思っていたのでした。
近未来をイメージしたらしい、ちょっと変わった形のE.Hoover Buildingに本部があり、見学ツアーもここで行われるので、指示に従ってツアー入口に行ったところ、受付のお姉さんが「外で2時間半待つけどいい?」と確認しながら中に入れていました。ひえー、また待つのーとは思いましたが、見たかった場所だし、明日は最後の日でホワイトハウスという大物が控えているので、またもや覚悟を決めて待つことにしました。
確かに、待つ場所は中庭のようなところで屋外ではありましたが、ベンチがあったので座って待つことができました。また、その場所には屋根からモニターが吊るされていて、そこではFBIが活躍した犯罪捜査の歴史や特別捜査官の訓練場所であるFBI Academy(Quantico)での訓練の様子などのビデオを流していたので、寒いながらも結構楽しめました。それによると、FBI Special Agent(特別捜査官)は、23歳〜36歳までの大卒以上の学歴を持つ合衆国民で、麻薬による犯罪歴が14回以上ない人に応募資格があるそうです。14回という妙に多い回数もなぜだかよくわかりませんが、ビデオではそう言っていました。(ホームページの応募要領には書いてありませんでした。)職種は専門分野にわかれており、応募時にそれぞれの分野に応じた学歴か職歴も必要なのですが、捜査官になって最初の2年間はペアを組んで一般的な捜査にあたるそうです。また、16週間にも及ぶQuanticoでの訓練は体力、精神力をかなり必要とするので、その辺も重要な要素になってくるようでした。

と、かれこれ2時間近く待って、ビデオもそろそろ一周したかなという頃に、私たちは今日の見学者はここまで、という最後のグループに組み入れられ、ようやく館内に入ることができました。
案内係の人に20人弱のグループで連れられて中をまわりましたが、やはりここは写真撮影禁止でした。過去の凶悪犯罪を示す銃のコレクションや、犯罪者の見分け方で、「刺青があってしばしば小指がない」などとやくざの写真のパネルもあったりして、なかなか興味深かったです。また、実際に使っている研究室をいくつか見た中に、あのMonica Lewinskyがクリントン大統領と性的関係を持ったときに着ていたというドレスのDNA鑑定をした研究室もありました。今は、ほとんどの州でDNAが証拠として採用されるとのことですが、鑑定のためには髪の毛一本で十分なんだそうです。ちょうど今、New York州でも犯罪者の指紋ではなくてDNAサンプルを採取してデータベース化することを知事や市長が提案しているところです。それから、指紋の採取も、昔ながらの粉状の薬品を使うのではなく、レーザーのようなもので検出しているのだと説明してくれました。
そして、このツアーのフィナーレは、本物の特別捜査官による射撃の実演とQ&Aでした。特別捜査官は、背が高い中年のきりっと引き締まった感じの女性で、良さそうなやや短めのスカートのスーツを着ていました。自己紹介のあと、彼女はその格好のままガラスを隔てた実演室に入り、いくつかのタイプの銃で的を見事に射抜いてみせました。捜査官を代表して実演するのが女性というのも、さすがアメリカですね。その後のQ&Aでは、子供の質問も多かったのですが、「あなたは実際に人を撃って傷つけたことがありますか?」という質問に対して、「私は13年間FBI捜査官としてのキャリアがあるけれど、そういう状況になったことはありません。」と言っていました。確かに、皆が皆、Jodie Fosterのようにいきなり人を撃ち殺したりするわけではないですよね。それは「太陽にほえろ」の七曲署の刑事たちと普通の警官が違うのと同じですね。

ずいぶん待ったけれど、かなり楽しかったFBIで今日の観光は終わりにしました。待ち始めた頃はまだ日も高かったのに、ツアーが終わって外に出たらもう真っ暗になっていました。今日は待ち時間がかなり長かったので、効率はよくありませんでしたが、後から見れば、まあこんなものだったのでしょう。最後の日はもっとすごかったので・・・

最後の夕食はそんなにおいしいわけではないとはわかっていつつも、とうとう我慢しきれず、日本食を食べに行ってしまいました。Washington D.C.はNew Yorkに比べれば、はるかに日本食レストランの数は少ないので、まあ値段のわりには味はたいしたことないというのが夫の解説でしたが、久しぶりに食べたせいか、ご飯ものやしょうゆの味が大変おいしく感じられました。

明日はいよいよ最終日。ツアーが火曜日〜金曜日しかなくてクリスマスはお休み、と今まで見学のチャンスがなかったホワイトハウスに挑んできます。

前の日(12月27日)に戻る次の日(12月29日)に進む


Washington
12月24日 12月25日
(前 編)
12月25日
(後 編)
12月26日 12月27日 12月28日 12月29日
2001年4月に出かけた
桜の季節のWashington D.C.
もよかったらご覧くださいね。
※ 違う日を見たいときはこちらから!

★ Washington D.C. Travel Report ★

This page hosted by Get your own Free Home Page